■Apache設定

 ウェブサイトを公開するには、webサーバーが必要になります。 RedHat Linux 8.0では、Apache2.0というパッケージがあらかじめ用意されていますのでこれを使用します。

 Apacheとは、最も有名なwebサーバーであり、多くのサーバーで使われています。



●インストール

 Apacheのパッケージは、disk2に入っていますので、CD-ROMドライブにdisk2を挿入します。

 CD-ROMをマウントしてrpmコマンドでパッケージをインストールします。

# mount /mnt/cdrom
# rpm -ihv /mnt/cdrom/RedHat/RPMS/httpd-2.0.40-8.i386.rpm

 インストールが終了したらCD-ROMをアンマウントします。

# umount /mnt/cdrom

 Apacheをインストールしたら、起動します。

# /etc/rc.d/init.d/httpd start

 Linux起動時にApacheが自動的に起動するコマンドを入力します。

# chkconfig httpd on



●設定

 Apacheの設定は、/etc/httpd/conf/ディレクトリにあるhttpd.confファイルを書き換える事によって行う事ができます。

 ファイルはviエディタを使って編集する事ができます。

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

 設定を変更した後は、リスタートする事により変更が有効になります。

# /etc/rc.d/init.d/httpd restart












リナックスでサーバ構築  リナックスとは  ネットワーク環境  ドメインとIPアドレス  DynamicDNSと自動更新サービス
RedHat Linux OS  network設定  Apache設定  バーチャルホスト設定
ルータの設定  EveryDNS設定  DiCE設定  リンク(検索エンジン)